☆★☆洋画DVD売れ筋ランキング☆★☆

カチンコ ぴかぴか(新しい)映画レビュー一覧はこちらぴかぴか(新しい) カチンコ

2008年10月31日

パフューム ある人殺しの物語

さて、前回の続き、これほど「におい」がテーマとされた作品は今までなかったのでは、という異色作、「パフューム ある人殺しの物語(Perfume: The Story of a Murderer)」。

一般の解説では、「パトリック・ジュースキントの禁断のベストセラー『香水 ある人殺しの物語』を、トム・ティクヴァ監督が映画化した衝撃のサスペンス・ドラマ。ある“香り”にとりつかれた一人の青年が、その香りを追い求めるあまり、恐るべき凶行へと駆り立てられていくさまを緻密かつ緊張感みなぎる映像で綴る」とある。まあそのとおりである。

★以下、ネタばれあり。

この青年がとりつかれたある香りとは、十代の女性が持つ「におい」なんだけど、どうしてもその香りを『香水』として所有したくなり、殺人を重ねてしまうというストーリー。

この映画、難しい、なんだかよくわからないという意見が多いので僕なりの解釈を。「主人公が求めていたのは結局香りではなく「愛」だった」。美しい見方をすればそうなる。一歩進めて、いや、一歩退いてうがった見方をすれば、主人公が集めようとした香り、それは命のパワー、エネルギー、それに付随する快感だ。

この主人公、ラストでそのパワーと快感を香水として得たため、自らにその香水を浴びることで死刑の難を逃れる。が、そこは人間性を離れた、「単なるパワーと快感」がつまった香水だ。結局、その強烈な魅力が周囲の人々の人間性を失わせた結果、食べられ、存在を消されてしまう。
どこか忘れたけど、西洋の神話でこんな話がある。神話の時代、人々は子供を愛し過ぎ、次々と子供を食べてしまった。そこで神は人々の愛の99%をなくし、1%だけを残して今の人間になったと(たまに「かわいい!かわい過ぎてこのウサギ食べたいちゃいくらい」とか言う女性がいるように、神話ってやつは人間の奥底の衝動を知る最高の教材だ)。

人間性を忘れ、単に権力を追い求める、お金を追い求める、快感を追い求める、その行き着く先に待っているのは強烈な孤独感、不健康、最悪は破滅だ。
一方で人間には「嗜好」があるのも事実だ。それは抑え付け過ぎると爆発する危険性を持つ。
要するに、中庸、バランスが大事ってことだ。
posted by Takuya Mitaka at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) |  Review Europe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

映画とにおいとレンタルビデオ

 先日、たまに行くレンタルビデオ屋にいった。そこは旧作7泊8日100円という格安ショップ。観る映画を選んでいると、突然、強烈なにおいが漂ってきた。見るとおっさんで、香水ぷんぷん。僕はその場から去りたくなって、行きたくもない2階へ。そのコーナーには、お風呂でもないのに衣服をまとっていないお姉さん方のパッケージが並んでいる。「おっさん、さっさとビデオ借りて店出えへんかな」と思いながら、社会勉強のために物色。しばらくすると、またあのにおいが…。おっさんが2階に上がって来たのだ。

rentalshop.jpg ここですぐ1階へ行ったらもう僕の負けだ。2階でじっとがまんすることにした。2階は1階よりも広いので、においは多少はましだった。しかしだ、おっさんが近くにいないのにも関わらず、強いにおいが僕の体から離れなくなった。「なんでや?」。僕は、自分の手のにおいを確かめた。「や、やられた…」。おっさんは手にもベットリ香水をつけていたようだ。ここで僕は、においへの不快さもさることながら、こともあろうにあのエロそうなおっさんと同じDVDを手にとっていた自分を恥じた。


 その店にはもう8年も通っている。1階に下り、慣れた感じで店員さんに借りるDVDを手渡した。すると、
 「お1人10本までなので、2本多いですね。選んでもらえますか」
 そのとき、普通の洋画4本、18歳以上じゃないと借りられないのを8本渡していたのだ。
 『10本までやったんか、はっずかし〜』
 幸い回りには店員さんしかいなかったが、どう見ても恥ずかしい行為だ。いや〜、ガソリン代が上がったからまとめて借りようと思いましてね、などと言い訳をかましたら余計に恥ずかしいことになるし時間もかけられない。すぐ上の3枚だけを見て、うち2枚をはじいた(返したのはいずれも大人のやつ)。


 帰りの運転中、恥ずかしさをかみ締めながら、20分で家に到着。すぐに手を洗う。いつも外から帰ったら手を洗うが、おっさん香水を取るため、かなり念入りに洗い、大丈夫だろうとソファーに座った。
 ん? におい落ちてないな。なんでや?
 もしかして…と思い、ジーンズを確認すると、すそからおっさん香水が激烈にはなたれている!
 「おっっさん、ビデオ屋で床に垂れまくるほど香水浴びたんかい!」

うんち香水セット

 香水ならいいのでは?と思う人もいるかもしれないが、大量の、あきらかに安っぽい香水のにおい、これはもはや匂いではなく「臭い」(においともくさいとも読む)だ。冗談抜きに、ソファーの下にあったクッションにおっさん香水がついてしまい、すぐ別の部屋に移したが、2週間も臭いが取れなかった。



 「におい」について、前から書こうと思っていた、あ、映画の話で。
 映画では、「におい」の描写があるものは、火薬やガスのにおいとか血のにおい、あるいはコーヒー、キューバ産の葉巻のにおいなど単発描写はあるものの、テーマにしているものは非常に少ない。というかほとんどない。
 視覚と聴覚で訴え作られる映画、画面と音では伝えることができないにおいはテーマから外れるのも当然と言えば当然である。

 そんな中、まず思い出すのが、僕の好きな作品の一つ、アルパチーノ主演の『セント・オブ・ウーマン 夢の香り』(Scent of a Woman)。ちなみにアルパチーノはこの作品でやっとアカデミー主演男優賞を受賞した。
 この映画では女性から漂う香水交じりのにおいが重要な要素になっている。
 そして、もう一つ。これほど「におい」がテーマとされた作品は今までなかったのでは、という異色作、「パフューム ある人殺しの物語(Perfume: The Story of a Murderer)」だ。観た人も多いことと思うが、けっこう理解しがたい作品だ。といってもC級作品ではなく、ドイツ・フランス・スペイン合作映画で、ちゃんと作り上げられている。
 これについて次回(いつになるかわからんけど…)、書くつもりです。


最新版 香水の教科書―愛されるための109のテキスト
最新版 香水の教科書―愛されるための109のテキスト
posted by Takuya Mitaka at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 思いつき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

タンノイF3とマランツPM6100

「おおー!!」

自宅でちゃんとしたスピーカーで音楽を聞くのは初めてだった。
タンノイ MERCURY F3。このスピーカーについて、ネットのレビューは少ない。というかほとんどない。
所有してわかったが、“この価格でこれだけの音を聞かせてくれるのか!”と思わせてくれる、初心者にお勧め素晴らしいスピーカーだ。(もう流通してないけどワンランク上のF4はまだ販売されている)

以前gigabeatの記事でも紹介したように、僕が聞く音楽の9割は女性ボーカル。
スピーカーが届いた日、すぐさまオンキョーコンポにつないで、まず宇多田ヒカルのHeart Stationを聴いた。僕は、素直に感動した。

「おー、これが『好きなボーカリストを家に呼ぶことができる』ってやつか」

そこに宇多田ヒカルがいた、とまではとても言えないけど、その世界の入り口に立った、、とも言えないな。入り口を遠くのほうで垣間見たという感じか。
次にやはり宇多田ヒカルSINGLE COLLECTION VOL.1を聴いてみた。
「ん?」。HEART STATIONと違い、それはそれまで聴いていた普通の音楽だった…。同じレーベルで同じ歌手でもそんなことあるんや。一つ勉強になった。

気をよくした僕は、このスピーカーの能力を発揮すべく、アンプ選びを開始した。
チョイスしたのは、マランツのPM6100SA ver.2
こちらも中古でしか流通していない。アンプ購入でオークションや一般のリサイクルショップは避けたい。と思って探していると、逸品館で中古で出ているのを発見。その日のうちに会社から歩いて20分ほどの1号館に行き、購入した。
なぜPM6100SA ver.2を選んだかは、「どうもあやしい」と思ったから。あやしいというのは、人を見て、あいつはちょっと他と違うな、と思う感覚のようなものだ。後発の機種のほうがPM6001と番号が若くなっているのも、何かしら理由があるのだろう。ま、要するにピンと来たわけだ。

家に持ち帰ってさっそくつなぐ。
最初に聴いたのは、エリカ・バドゥBaduizm

僕は、またもや感動した。それまでとは比べものにならない(当たり前やけど)、いい音だ。
しかも、タンノイスピーカー、マランツのアンプとも、低音はでないと評判。これを(あえて)組み合わせたのだから、当然低音には期待していなかった。が、その期待は大きく裏切られた!予想外に、僕好みの心地いい低音がおしみなく出ているではないか! 中高音もいうことなしだ。
僕は、しばらく唖然とした感覚を持ちながら、エリカバドゥーの声に聞き入った。

それから同じくエリカバドゥーのMama's Gunワールドワイド・アンダーグランドやインディアアリー、シャキーラ、ノラ・ジョーンズ、Laura Pausiniなどお気に入りのCDを聞きまくった。

さて、低音については、ソースの音によるところが大きいとわかった。最初に聞いたmotownレーベルは、大音量で聴いてもまったく不快ではなく、低音を聞かせる音作りがとても上手だ。
他のCDでは、やはり低音はもの足りないと感じた。もっとも、アンプで調節すればまあまあよくなる。

ちなみに、実はもう次のアンプとして狙っているものがある。
イタリアのUNISON RESEARCH(ユニゾンリサーチ) UNICO 。
これはピンと来たというより、ビビっと来た。それは恋愛感覚に近い。


(というわけで、最近は映画を観る時間より、音楽を聞いている時間のほうが多くなった。最近観た映画は、アルパチーノの良さがほとんど出ていない「88ミニッツ」、B級ホラー「クライモリ・デッドエンド」、先が簡単に読めてしまうサスペンス「ディスタービア」、ちょっと古い「ホステージ」てとこ。ホステージはまあまあだけど、他は一度見れば十分というものだった。といっても120インチで観る映画はやっぱり迫力満点だ。お盆に来た母と2人の兄貴たちも「凄い!!」と言ってくれた。しかし、最近感じるのは、ハリウッドがネタ切れ状態ということ。さすがのスピルバーグ監督も、「インディ・ジョーンズ4」に日本映画「黄泉(よみ)がえり」のリメーク版製作と、新構想は浮かんでいないようにみえる。漫画原作の映画を作るのもいいが、個人的には、星新一さんの作品を映画にすればかなり面白い作品になると思っているのだが…)
posted by Takuya Mitaka at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 思いつき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

デイ・ウォッチに一つの結論をみた

「あー神様ァ!!」
大阪人なら知っている吉本新喜劇の桑原さんのギャグ。

昨日観た「デイ・ウォッチ」。
この一シーンに、僕にとって長年なぞだったこと、アインシュアインの言葉を借りると「神がサイコロばくちをするはずがない」、に対して、一つの決着をみることができた。
映画っていいもんだ、やっぱり。



あ、デイ・ウォッチ、ラストとてもいい。ナイト・ウォッチを観てからじゃないとなんのことかわからんけど。

posted by Takuya Mitaka at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 思いつき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

ホームシアターもどき完成

「うーん、こりゃ画面小さいわ」

―ブランデーを飲みながら白い壁面に約90インチで映し出された『氷の微笑』のシャロン・ストーンの大胆な演技、、もとい、名作中の名作「ゴッドファーザー」シリーズを観ながら思ったのが6月初旬。
思ったら即行動するのが僕の信条だ。しかし、ガス給湯器がぶっ壊れて出費があったため、結局、ボーナスまで待つことにした。


■スクリーン

ということで、19日、[高解像スクリーンshop ピーカーブー]で注文した120インチのスクリーン(バックが出窓なので2000円プラスして遮光タイプにしたもの)が、やっと届いた。

さっそく設置。天井吊で所要時間は約1時間。天井の梁(はり)を探すのに苦労した。それで1時間ほどかかったが…。

pj-02-001.jpg

設置完了で下ろした状態。多少うねりがあるが映像を映して観ている分には気にならない。販売店によると次第になくなるとのこと。
ちなみに右のテレビは28インチのブラウン管テレビ。



■フロントスピーカー

スクリーンがでかいので、これまで使っていた小さいスピーカーではサマにならない。トールボーイで何かいいスピーカーはないかと探して選んだのはTANNOY トールボーイ・スピーカーシステム MERCURY F3(マーキュリー F3)

僕はスピーカーはJBL派で、車に取り付けたのもそうだし、ヘッドフォンもそう

じゃあなぜタンノイ?

仕事で知り合った方が真空管を使ったマッキントッシュの1号機を所有されているほどのオーディオマニアで、そこで聞いたタンノイの音が凄く気に入ったから。一言でいうと艶のある、まったりとしたずっと聞いても疲れない音。

アクションものの映画を観るには不向きといえば明らかに不向き。でもプレーヤー側である程度調節できるし、僕はかなりの時間を映画鑑賞にあてているので、疲れない音は非常に魅力があった。

このタンノイは会社の近所のビックカメラで展示品を5.6万円で買った(逸品館で新品がこれより安く売っていて後悔)が、プラス1万円弱で【送料代引手数料無料】Pioneer 5.1chサラウンド・システムHTP-S717《Smart theate...が購入できる。トールボーイで5.1chだし。

でも僕はどうも5.1chに魅力を感じないというか、食指が動かない。それにこれを買ってしまうとホームシアター構築計画はほぼ完成してしまう。完成すると、面白くないのだ。限られた予算のなかで納得できるものをじっくり組み立てていくのが楽しい。

ということで、AVアンプはいずれ購入することにして、代わりに使っているのが10年前から使用しているONKYOのミニコンポ(FR-V5)。これはもう明らかにスピーカーに対して力量不足ではある。が、光デジタルケーブルが使えるし、今はこれでOKだ。


pj-02-002.jpg

スピーカーの外観も気に入っている。でもスピーカーの紹介画像というより飾り物の紹介画像だな、こりゃ。



■DVDプレーヤー


DVDプレーヤーはPioneer DVDプレーヤー HDMI対応 DV-410V-S シルバー

今はいいものが安くなったと実感。
非常に重宝しているのが、音楽CDを聞くのにイコライザーがついていること、そして、セリフの音を聴き取りやすくする機能(ダイアローグ機能)がある点。とくにセンタースピーカーを使わない僕のようなセッティングの場合はこれは本当いに重宝する。大きい音は小さく、小さい音は大きく明瞭に聴こえる「オーディオDRC」を搭載しているのも深夜に観ることも多いのでGOOD!


■設置棚

これを木製ディスプレーラック棚
に設置。天井突っ張りタイプでデザインがいいのが気に入って購入。


pj-02-003.jpg


↓プロジェクター(ベンキューW100(下の白いやつ))がいい感じで収まっている。

pj-02-004.jpg



■肝心の映像は?

実際に映した画像がこれ。↓

pj-02-010.jpg


おっと、これは間違い!せーぎ(せいの技と書く)のみかた(知らずしらず学ばしてくれた)村西とおる監督を映してもしゃあないですな。元ソースが古すぎて画像が悪い。(そういう問題とちゃう!)

・イノセンスの冒頭↓

pj-02-011.jpg


画像、いいか悪いかわかりにくくてすみません。
実際は、90インチでは気にならなかった荒さが目立ちます。なんせベンキューの廉価プロジェクターなので、HDMIケーブルを使用してもプロジェクター側でDVI接続となり、プレーヤーの本領が発揮できない(本来HDMIケーブルで接続すれば、DVDの標準画質を1080pまでアップスケーリングさせることができるが、それができず480pのまま)。でも現時点では及第点です。

で、音は、めちゃいいです。これは良すぎるので別に記事書きます。


■周辺機器?
ここで気になったのが、リモコンの多さ。

pj-02-005.jpg


プロジェクター、DVDプレーヤー、CD・MDデッキ、それとテレビ、DVD・ビデオデッキのリモコンたち。

こりゃ多すぎるなということで、4台まで対応のソニーの学習リモコンを購入。
それでこうなった。

pj-02-006.jpg


(買ったやつよりこれ→
を買えばよかったとちょいと後悔。そうすれば1台でまかなえた)。


ということで、安いけどそれなりのDVDプレーヤーに、廉価プロジェクター、古いミニコンポにまさかのタンノイスピーカーを使ったホームシアター『もどき』が一先ず組みあがりました!

※大画面のよさは今回、お伝えできていないと思います。ま、こんな感じの紹介ということで。







posted by Takuya Mitaka at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | プロジェクターの勧め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

政治家の暴言

加藤氏が愚かとしかいいようがない発言をした。まったく馬鹿者である。

高校生のとき、社会の先生が言ったことを今でもよく覚えている。
「政治家はみな肝(きも)がすわっている。どんなバッシングも気にならない度量の持ち主だ」。
確かにそのとおり。逆にそれだけある意味無神経じゃないと政治家なんてやっておれないだろう。


ところで、政治家が暴言を吐くたびに思い出すことがある。
それは、「わざと暴言を吐くこともある」ということだ。

僕が社会人1年生のころ、ある議員先生がバカな発言をした。
『僕はほんまに何を考えてるんやろ、あほやな』と思っていた。
仕事のお客さんとその話題になったとき、こんなことを言った。

「ここだけの話、あれはわざとあんなことを言ったらしい。それで責任を取って辞める(ようにもっていく)。実はあの議員は裏でとんでもないことをやっていて、それが露呈してから辞めたのでは注目度が違うし党にも迷惑がかかる。それを回避するためらしいよ」

この言葉のとおり、数日後、その議員は暴言の責任を取って辞職。そしてその後、本当にその議員にまつわる事件が発覚した。

『世の中、真正面からだけでなく、斜めからも見るようにしないといけないな』。そう思わせてくれる体験だった。



posted by Takuya Mitaka at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 思いつき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

理想と現実

早ければ今週末、スクリーンが届く。新しく買ったパイオニアのDVDプレーヤーは既に手元にあるので、スクリーンさえ来ればプロジェクターを使った「ホームシアターもどき」が完成する。
あとは頭に描いている理想図にどれだけ近づけられるかだ。

理想と現実の違い。ざみさんの『すきま情報局』で書かれている「ホームシアターを作りたい!その2」が面白すぎで笑いをこらえるのが大変だった!
posted by Takuya Mitaka at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 思いつき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

unknown(アンノウン)

unknown/アンノウン
unknown/アンノウン


■釈然としないラスト■

設定は制作費を抑えることができる「SAW」とよく似ている。
主軸となる登場人物5人は街外れの工場に閉じ込められている。人質、犯人側とも特殊なガスを吸い込んだせいで記憶を失っており、自分は一体何者かわからない。当然、それぞれに混乱と不安を呼び込びこんで疑心暗鬼になり、見る側も先の展開を追いかけたくなる。この点、良かったといえる。

僕の場合は予想したどおりに進んだ。どんでん返しも予想した通り。それでもいい作品だと思った。ラスト3分を見るまでは。
このラストがなければ倒錯状態で芽生える友情や自己犠牲の要素もあり、観て満足できる作品だと思っただろう。しかし結末が本当にいただけない。すべてをブチ壊し。これでは純粋な悪人のほうがむしろピュアじゃないかと思ってしまう。まったく釈然としない作品だ。ジム・カヴィーゼル(オーロラの彼方へでジョン役をしている)もラストがなければ適役だっただけに残念である。
posted by Takuya Mitaka at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) |  Review America | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

水野晴郎さん死去

氏は「夕陽のガンマン」の邦題をつけられたようです。
今ではなじみのあるタイトルですが、当時は斬新だったことでしょう。

亡くなる寸前まで口頭で脚本を手掛けておられたとのことで、
映画にかける情熱、素晴らしいです。

本当ににくめないキャラでした。

心より御冥福をお祈りいたします。
posted by Takuya Mitaka at 12:35| Comment(1) | TrackBack(1) | 思いつき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

T4Xi

本宅に戻り、WOWWOWが見れるようになった。
昨日初めて観たTAXi4

一般の評判は悪いようだ。とくに「カーチェイスシーン」がほんどないことに対して不満の声が多い。

僕はけっこう楽しく観ることができた。カーチェイスはもうTAXi(1)と2で十分。せこいシーンを強引に差し込む感じにするなら、4のようにいっそないほうがいい。

良かったのはベルナール・ファルシーが演じているジベール署長。
前から彼の存在が光っていたが、この4はジベール署長が主役といっていい。
彼の真剣にふざけている姿は見ていて笑わずにおれない。
僕は何度も笑かせてもらった。

ということで、TAXi作品として期待せず、軽いタッチのどたばた系が好きな人は楽しめる作品。
posted by Takuya Mitaka at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画関連の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。