☆★☆洋画DVD売れ筋ランキング☆★☆

カチンコ ぴかぴか(新しい)映画レビュー一覧はこちらぴかぴか(新しい) カチンコ

2007年05月02日

お勧め映画88タイトル!気分別 Index

お勧め映画88タイトル!気分別 Index

anime-001.gif自分が持ってきた以外の新たな価値観、世界観に触れる。
それが映画の醍醐味だと思います。
たかが映画、されど映画ですね。
個人的にお勧めの88タイトルをご紹介します!
ペンはレビューへ、それ以外はアマゾンへのリンク。順次レビュー書いていくつもりです〕

心揺さぶられる感動―とにかくお勧め、これだけは観てください!
 ライフ・イズ・ビューティフル
 ショーシャンクの空に

仕事をあきらめない!
 エリン・ブロコビッチ
 摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に

カップルで観るならラブロマンスよりサスペンスを!(★はエグさ)
 セルラー(☆☆☆☆☆)
 バタフライ・エフェクト(★☆☆☆☆)
 ケープ・フィアー(★★☆☆☆)
 パニック・ルーム(★★☆☆☆)
 羊たちの沈黙(★★★★☆)
 ペンソウ
 ソウ2 ソウ3(★★★★★)
 オールド・ボーイ(★★★★★)

元気だそうぜ!
 雨に唄えば
 クール・ランニング

難しく考えず、動き出せ!
 フォレスト・ガンプ
ペン大脱走(レビューへ)
 カッコーの巣の上で
 ブルース・ブラザース

でも自暴自棄にはならないで。
 俺たちに明日はない
 素晴らしき哉、人生
 セント・オブ・ウーマン 夢の香り

恋ですな。
 タイタニック

純愛ですな。
 ローマの休日
 ライムライト

大人の恋愛ですな。
 アパートの鍵貸します
 男と女

古代・中世の世界へ
 トロイ
 ブレイブハート
 グラディエーター

歴史と理念の壮大さに身を置く
 アマデウス
 Vフォー・ヴェンデッタ
 ゴッド・ファーザー1,2,3
ペンレ・ミゼラブル〜輝く光の中で(レビューへ)

SFでこれだけは外せない!
 遊星からの物体X
 エイリアン/エイリアン2
 ターミネーターターミネーター2ターミネーター3
 プレデター/プレデター2
 バック・トゥ・ザ・フューチャー1,2,3

敵か味方か宇宙人
 E.T.
 コクーン
 エイリアン・ネイション
 インデペンデンス・デイ
ペン第5惑星(レビューへ)

戦争という愚かな行為

ペン独裁者(レビューへ)
ペン猿の惑星(レビューへ)
 風の谷のナウシカ
 プラトーン

ハートフルがいいね
ペンオーロラの彼方へ(レビューへ)
 グリーンマイル
 勝利への脱出
 いまを生きる

ホラー映画を観るとドーパミン放出
 ヘルハウス
 ゾンビ
ペンドーン・オブ・ザ・デッド(レビューへ)
 フレディVSジェイソン
 エクソシスト

近未来―クローン人間の誕生近し!
 ルパン三世 ルパン vs 複製人間
 クローン
 イーオン・フラックス
 アイランド
 シックス・デイ

近未来―来るべき超管理社会
 マイノリティ・リポート
ペンガタカ(レビューへ)

ロボットを知ることは人間を知ること
 ブレードランナー
 アンドリューNDR114
 アイ,ロボット

天才科学者の末路
 ザ・フライ
 インビジブル
ペンブレインストーム(レビュへ)

カーアクション満載!

ペンTAXi(レビューへ)

 ミニミニ大作戦
 スピード

人生で最高の導き手「死」の象徴=殺し屋
 レオン
 コラテラル

実話の力
 パッチ・アダムス
 レナードの朝
 愛は静けさの中に
 トンネル
 シンドラーのリスト

激しすぎるゆがんだ愛と性愛
 ひめごと
ペンクイルズ(レビューへ)
 ガーゴイル
ペン愛のコリーダ(レビューへ)

2007年05月17日

映画検定公式テキストの見るべき映画100

j0315661.jpg
キネマ旬報社、キネマ旬報映画総合研究所が主催している「映画検定」の映画検定公式テキストブックの中に、
「見るべき映画100本」
が紹介されています。
ご参考にどうぞ。


タイトル(製作年)

1.月世界旅行(1902)
2.國民の創生(1915)
3.戦艦ポチョムキン(1925)
4.メトロポリス(1927)
5.ジャズシンガー(1927)
6.自由を我等に(1931)
7.暗黒街の顔役(1932)
8.グランドホテル(1932)
9.キングコング(1933)
10.或る夜の出来事(1934)
11.モダンタイムス(1936)
12.望郷(1937)
13.白雪姫(1937)
14.大いなる幻影(1937)
15.民族の祭典 オリンピア第一部(1938)
16.駅馬車(1939)
17.オズの魔法使い(1939)
18.風と共に去りぬ(1939)
19.市民ケーン(1941)
20.カサブランカ(1943)
21.天井桟敷の人々(1945)
22.自転車泥棒(1948)
23.ハムレット(1948)
24.第三の男(1949)
25.サンセット大通り(1950)
26.雨に唄えば(1952)
27.禁じられた遊び(1952)
28.ローマの休日(1953)
29.シェーン(1953)
30.波止場(1954)
31.道(1954)
32.エデンの東(1955)
33.十戒(1956)
34.死刑台のエレベーター(1957)
35.十二人の怒れる男(1957)
36.野いちご(1957)
37.吸血鬼ドラキュラ(1958)
38.灰とダイアモンド(1958)
39.勝手にしやがれ(1959)
40.ベン・ハー(1959)
41.サイコ(1960)
42.情事(1960)
43.荒野の七人(1960)
44.太陽がいっぱい(1960)
45.ウエスト・サイド物語(1961)
46.突然炎のごとく(1961)
47.007は殺しの番号[007/ドクター・ノオ](1962)
48.アラビアのロレンス(1962)
49.長距離ランナーの孤独(1962)
50.大脱走(1963)
51.荒野の用心棒(1964)
52.シェルブールの雨傘(1964)
53.ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!(1964)
54.男と女(1966)
55.戦争と平和(1966)
56.俺たちに明日はない(1967)
57.卒業(1967)
58.2001年宇宙の旅(1968)
59.猿の惑星(1968)
60.明日に向って撃て!(1969)
61.イージー・ライダー(1969)
62.ワイルドバンチ (1969)
63.ダーティハリー(1971)
64.ベニスに死す(1971)
65.ゴッドファーザー(1972)
66.惑星ソラリス(1972)
67.エクソシスト(1973)
68.JAWS ジョーズ(1975)
69.旅芸人の記録(1975)
70.1900年(1976)
71.タクシードライバー(1976)
72.ロッキー(1976)
73.アニー・ホール(1977)
74.スター・ウォーズ(1977)
75.ディア・ハンター(1978)
76.エイリアン(1979)
77.地獄の黙示録(1979)
78.ブリキの太鼓(1979)
79.マッドマックス(1979)
80.E.T.(1982)
81.ブレードランナー(1982)
82.ターミネーター(1984)
83.プロジェクトA(1984)
84.未来世紀ブラジル(1985)
85.プラトーン(1986)
86.ブルーベルベット(1986)
87.ベルリン・天使の詩(1987)
88.ダイ・ハード(1988)
89.非情城市(1989)
90.羊たちの沈黙(1991)
91.さらば、わが愛/霸王別姫(1993)
92.ピアノ・レッスン(1993)
93.パルプ・フィクション(1994)
94.レオン(1994)
95.タイタニック(1997)
96.オール・アバウト・マイ・マザー(1999)
97.シュリ(1999)
98.マトリックス(1999)
99.ハリー・ポッターと賢者の石(2001)
100.ロード・オブ・ザ・リング(2001)



ちなみに、僕の独断「お勧め88タイトル」と重なっているのは、次の14作品です。

j0236231.gif

雨に唄えば(1952)
ローマの休日(1953)
大脱走(1963)
男と女(1966)
俺たちに明日はない(1967)
猿の惑星(1968)
エイリアン(1979)
E.T.(1982)
ブレードランナー(1982)
ターミネーター(1984)
プラトーン(1986)
羊たちの沈黙(1991)
レオン(1994)
タイタニック(1997)


2007年05月28日

危険と隣り合わせの感覚は恋愛感情に似ている?!

j0295945.jpg先日の「ダウンタウンDX」で、出川哲朗が、「ディズニーランドのホーンテッドマンションは100%キスできるので何度も利用している」と話していた。

理由も語っていて、
「2人のシートがクルクル回転したあとー、お互いの顔が近づいてー、それが微妙にいい間で、チューできちゃうんですよ。それまでお化けばっかり見てるじゃないですか。薄暗いし、いい男に見えちゃうんですよ!」(出川風に読んでね)。
まあ皆ブーイングしていたけど、これはあながち嘘じゃないと思う。

かなり昔だが、ある心理学者が、初対面の男女に恋愛実験をしている。確か、危なげな桟橋を2人で渡らせるというものだったと思う。要は二人を油断すれば命に関わるような状況に置いたわけだ。

その男女は、そういった非常に危険と隣り合わせの状態に置かれ、無事にそれを乗り越えたとき、もちろんドキドキ感を抱く。心理学者が無事に渡り終えた2人にどんな気持ちか聞くと、男女とも、そのドキドキする感覚は、「恋愛の感情に非常に似ている」と答えたという。

これは僕の意見だが、自己保存の本能が強く働いて感覚が研ぎ澄まされる状態を共有し、危険から開放されたときに、安心感を抱くと同時に2人で共同作業を行ったという感情を抱くことで、恋愛的精神状態に置かれるためだろうと思う。

というわけで、僕の「お勧め映画88タイトル!気分別 Index」ではサスペンス映画を「カップルで観るならラブロマンスよりサスペンスを」と題して紹介している。
長く付き合っているカップルならいいが、間違っても初回のデートでラブストーリーを観るのは避けたほうがいい。映画を見終わって現実の世界に戻ったとき、眼前に広がっていた美しい世界とギャップを感じて、気分的にどうしても盛り上がらないものなのだ。


2007年06月13日

映画脚本ベスト101

カサブランカ 特別版
ハンフリー・ボガート マイケル・カーティス イングリッド・バーグマン
B000M2DMBK


米国の脚本家約1万人で組織される全米脚本家組合The Writers Guilde of America(WGA)が2006年4月7日に発表した「歴代の優れた映画脚本ベスト101」。
最優秀脚本に選ばれたのは「カサブランカ」(1942年、脚本:エプスタイン兄弟とハワード・コッチ)。

うーん、カサブランカ。確かに歴史に残る名セリフがある。

「君の瞳に乾杯」

「昨日はどこにいたの?」
「そんな昔のことは覚えちゃいない」

「明日はどこにいるの?」
「そんな先のことは分からない」

日本人でこんなことを言えるのは、自分のセリフに酔えるよっぽどのナルシス。
僕なら言ってる途中で笑ってしまうだろう、というかギャグ以外ではとても口にできそうにない。


で、Best5は、以下のとおり。

1.カサブランカ (1942)
2.ゴッドファーザー (1972)
3.チャイナタウン (1974)
4.市民ケーン (1941)
5.イヴの総て (1950)

「歴代の優れた映画脚本ベスト101」は、この上位5位まではasahi.netなどのマスコミが記事にしているのだが、すべてを公表していない。
それで探すと、発見!
或る日の出来事」サイトの管理人でマリリン・モンローの大ファンでいらっしゃるボー・BJ・ジングルズさんが、
映画脚本ベスト101全タイトルとして、自ら邦題にしたものを載せられています。

今回、管理人さんのご好意で直リンクを貼らせてもらうことができました。
ということで、ぜひチェック!!

2007年06月18日

AFIアメリカ映画100年シリーズ

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』のアメリカ映画協会の説明の中に
「AFIアメリカ映画100年」シリーズ
という項目がある。
名セリフ、笑える、情熱的等のベスト100を紹介しているリンクがあるので、興味がある人はどうぞ。ただし、リンク先は英語のみ。

2007年11月01日

ホラー映画ランキング

MSN Movies UKがハロウィンにちなみんで、ホラー映画についてオンライン投票を実施(30日現在で約1万人が回答)。さきごろその結果を公表しました。僕はホラー映画も割と好きなんで、ここで紹介させてもらいます。


「いちばん好きなホラー映画は?」

1位 SAW(シリーズ) 17%
2位 エクソシスト 16%
3位 シャイニング 14%
4位 ザ・リング 13%
5位 ハロウィン(シリーズ) 8%
5位 エルム街の悪夢(シリーズ) 8%
7位 ジョーズ 7%
7位 オーメン 7%
9位 サイコ 5%
9位 ブレア・ウィッチ・プロジェクト 5%


「いちばん好きな悪役は?」

1位 ハンニバル・レクター(羊たちの沈黙) 33%
2位 エイリアン(エイリアン) 14%
3位 フレディ・クルーガー(エルム街の悪夢) 11%
4位 ジャック・トランス(シャイニング) 8%
4位 ドラキュラ伯爵(ドラキュラ) 8%
6位 チャッキー(チャイルド・プレイ) 7%
7位 ダミアン(オーメン) 6%
8位 キャンディマン(キャンディマン) 5%
9位 ノーマン・ベイツ(サイコ) 4%
9位 ジョーズ(ジョーズI,II,III) 3%


「最も怖いホラー映画の音楽は?」

1位 『ジョーズ』のテーマ 33%
2位『エクソシスト』のテーマ 23%
3位 『サイコ』のシャワーシーンの音楽 20%
4位 『オーメン』のテーマ 13%
5位 『13日の金曜日』のテーマ 6%
6位 『ポルターガイスト』のテーマ 5%


「最も怖いシーンは?」

1位 『ザ・リング』で貞子※がテレビから這い出てくるシーン 40%
2位 『エクソシスト』で頭が180度回転するシーン 23%
3位 『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』のラスト 20%
4位 『シャイニング』の"Red Rum" 13%
5位 『サイコ』のシャワールームでの刺殺シーン 6%

※ナオミ・ワッツ主演、ゴア・ヴァービンスキー監督でリメイクされた『ザ・リング』ではサマラ・モーガン(ダヴェイ・チェイス)という女性が貞子にあたる。


「いちばん好きなホラー映画のヒーローは?」

1位 エレン・リプリー(エイリアン) 34%
2位 クラリス・スターリング(羊たちの沈黙) 14%
3位 ブロディ署長(ジョーズ) 12%
4位 ダミアン神父(エクソシスト) 11%
4位 ヴァン・ヘルシング教授(ドラキュラ) 9%
6位 シドニー・プレスコット(スクリーム) 9%
7位 ローリー・ストローク(ハロウィン) 5%
8位 ナンシー・トムソン(エルム街の悪夢) 3%
9位 ジュリー・ジェイムス(ラストサマー) 4%

今から「インベージョン」観にいくので、また続きは明日にでもアップします!

2008年01月15日

大人が選ぶ泣ける洋画ベスト30

SmaSTATION!!で(200801)、全国の大人2000人に緊急アンケートを実施し、数々の名作と言われる映画のなかで、特に「泣ける洋画」を、ランキングで発表しました。

1位「タイタニック」(1997)          
2位「アルマゲドン」(1998)         
3位「ゴースト〜ニューヨークの幻」(1990)
4位「グリーンマイル」(1999)        
5位「ショーシャンクの空に」(1999)    
6位「アイ・アム・サム」(2001)       
7位「ライフ・イズ・ビューティフル」(1998) 
8位「E・T」(1982)              
9位「ニュー・シネマ・パラダイス」(1989) 
10位「シンドラーのリスト」(1993)     
11位「フォレスト・ガンプ」(1994)      
12位「戦場のピアニスト」(2002)      
13位「A.I.」(2001)              
14位「シザーハンズ」(1990)        
15位「クレイマー・クレイマー」(1979)   
16位「ある愛の詩」(1970)
17位「ローマの休日」(1953)
18位「マディソン郡の橋」(1995)
19位「スタンド・バイ・ミー」(1987)
20位「愛と青春の旅立ち」(1982)
21位「アポロ13」(1995)
22位「レナードの朝」(1990)
23位「きみに読む物語」(2004)
24位「ロミオとジュリエット」(1968)
25位「ダンサー・イン・ザ・ダーク」(2000)
26位「フィールド・オブ・ドリームス」(1989)
27位「街の灯」(1931)
28位「グッド・ウィル・ハンティング」(1997)
29位「哀愁(1940)」
30位「ミリオンダラー・ベイビー」(2005)

2010年03月30日

お勧めのサスペンス映画



先日、珍しくというか、初めてmixiで映画のことを日記で載せた。
せっかくだからこっちに文章はほぼそのまま(リンク付けて)で転載しておく。

これにユージュアル・サスペクツを加えたら、ヒッチコックとか一昔前の作品を除いて一度は『観ておきたいサスペンス映画』として大いに参考になると思う。自画自賛。

(なぜサスペンス映画なのかは、以前書いた「危険と隣り合わせの感覚は恋愛感情に似ている?!」をどうぞ)

マイミクは全員会ったことのある知り合い(20代)なので、そのつもりで読んで下さい。

***********

★はグロさレベルだぞ。


●『セルラー』(☆☆☆☆☆)
 ヒロインが突如乱入してきた男たちに拉致、監禁されるねん。携帯電話使って外部と連絡とろうとして…。
 キム・ベイシンガーて女優さんがもうええ年やのになかなか綺麗ですわ。グロいの苦手ならこれまずお勧め。


●『CUBE』(キューブ)(★★★★★)
 カナダ映画。6人が突然不思議な立方体空間に閉じ込められる。閉鎖空間の中での人間描写がよろしいわ。この後にキューブ・ゼロをみたらわかりやすい。


●『ミザリー(特別編) 』(★★★☆☆)
 これは恐いで。男の作家とそのファンの女の人2人が繰り広げる密室サスペンス。CUBEはSFじゃないけど、まあありえへんわ。ミザリーは実際に起きそうな感じ。原作はホラー・サスペンスの神様スティーン・キングやど。


●『バタフライ・エフェクト』(★☆☆☆☆)
 時々記憶が欠落する少年がすげー力持ってる。どんでん返しが繰り返されてハラハラどきどきや。おもしろいよ。


●『危険な情事』(☆☆☆☆☆)
 いや〜思い出す。大学生の頃、当時付き合ってた彼女から「あんた、浮気したらこんな目に遭うんやで」ってすごまれたのを。過激女性ストーカーの話やな。激しいセックスシーンが話題になりましたわ。


●『ケープ・フィアー』(★★☆☆☆)
 これは男のストーカー。犯罪者が裁判に負けたのを弁護士のせいと思い込んで、弁護士一家につきまとう。おっとろしい執念持った男をロバート・デ・ニーロが見事に演じてる。けっこう恐いよ。


●『羊たちの沈黙』(★★★★☆)
 連続猟奇殺人事件を追う女性FBI訓練生に精神病院に閉じ込められてる元精神科医がアドバイスする。これはサスペンス好きなら必見の作品やで。


●『SAW(ソウ)、ソウ2ソウ3』(★★★★★)
 男2人が猟奇殺人鬼に密室に閉じ込められる。今SAW6まであるけど、1作目が面白かったからそこまでシリーズ化したんやろな。だからとくに1作目お勧め。観たあと「お前かい!」って絶対つっ込む。



●『セブン』(★★★★★)
ブラット・ピット主演の猟奇殺人鬼と刑事の攻防。キリスト教の7つの大罪(調べたど→大食、強欲、怠惰、肉欲、高慢、嫉妬、憤怒)をモチーフしてる。最後は確実にげんなりする。ブルーになりたくないなら観ないほうがいい。でもこの作品で猟奇サスペンスにはまった人多いと思う。


●『氷の微笑』(★☆☆☆☆)
エロティック・サスペンスやな。ミニスカ・ノーパンで足組み替えるシャロン・ストーンの演技が話題になりましたわ。刑事が美人殺人容疑者に翻弄(ほんろう)される。続編はいまいちやけど、この1作目は面白い。


●『テイキング・ライブス ディレクターズカット 特別版』(★☆☆☆☆)
これも猟奇殺人。アンジェリナージョリーのベッドシーンがある。どんでん返し系でまあまあ面白い。画像はこの作品。


●『ボーン・コレクター』(★★★★☆)
全身麻痺の元刑事がベッドから指示を出して猟奇殺人鬼を追う。犯人との頭脳戦が見ものや。これもアンジェリナージョリーが出てる。


●『オールド・ボーイ』(★★★★☆)
 カンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリを受賞した韓国映画。ある日突然誘拐され、15年間監禁された男が、自分が監禁された理由を探る。これ、めちゃブルーなる。グロいシーンあるし、人間のいろんなエゲツない部分描いとるから。あんまり観んほうがいいかも。(と言われると観たくなるやろ!)


書きはじめたらとまらんようになったわ。
前にブログで書いたやつからだいぶ増えた。

まあ参考にしてくれたらうれしい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。