☆★☆洋画DVD売れ筋ランキング☆★☆

カチンコ ぴかぴか(新しい)映画レビュー一覧はこちらぴかぴか(新しい) カチンコ

2007年07月18日

あるQ&Aサイトで

342-yukata.jpg紹介されていたジョーク。一部を載せさせていただこう。

*****************

ある船で火災が発生した。

船長は乗客をスムーズに海へ飛び込まされるためにこう言った。

イギリス人には「紳士はこういうときに飛び込むものです」

ドイツ人には「規則では海に飛び込むことになっています」

イタリア人には「さっき美女が飛び込みました」

アメリカ人には「今飛び込んだらヒーローになれますよ」

ロシア人には「ウォッカの瓶が流されました。今飛び込めば間に合います」

フランス人には「海に飛び込まないでください」

日本人には「みんなもう飛び込みましたよ」

*****************

以前触れたドイツの人と日本人の気質の話
上のジョークを見るとやはり似ているところがある。車がまったく走っていないような道でも信号をきちんと守る歩行者が多いのは日本ぐらいだし。

このジョーク、実際のタイタニック号でも、海に沈む際にきっちり正装したイギリス紳士がいたそうだし、なかなかばかにできないと思う。でも美女が飛び込んだとかウォッカの瓶とかはさすがにないだろうな。

僕がもし火災が発生した船上にいて、「あなた以外の日本人はみんなもう飛び込みましたよ」と言われたら…。多分、飛び込むなー。
あと、アメリカ人はほんとにヒーロー好きだなと思う。映画を観ていてもそうだし。まあ僕もウルトラマンはよくみたし、男の子なら誰でもヒーローは好きだというのはわかる。でもアメリカのリーダー崇拝は行き過ぎ感があるのではと思う。
ドラえもん、世界各国で放送されているけど、アメリカでは放送されていない(少し前の話で今はどうかは確認してないです)。これは、きっとのび太がヒーローとは程遠いキャラだからだろうな。出来杉くんタイプだけじゃなく、のび太も人生の主人公なんだって受け入れたくないのかな。
ラベル:外国
posted by Takuya Mitaka at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 思いつき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。