☆★☆洋画DVD売れ筋ランキング☆★☆

カチンコ ぴかぴか(新しい)映画レビュー一覧はこちらぴかぴか(新しい) カチンコ

2007年07月06日

どうした日本のデザイナー

今朝、テレビでマツダの新型デミオを見た。
これ。
MAZDA-DEMIO.JPG

現在発売されているプジョー207がこれ。
207.JPG

僕は、映画「X-メン2」にも登場したMAZDAのRX-8が好きである。愛車のプジョー206の次はRX-8にしようかと考えたこともある。
しかし、今回の新型デミオを見て、その選択はなくなった。トヨタ社のエスティマのヘッドライト、ヴィッツのCピラーがかわいく思える(わかる人にはわかるはず)。
これでは、知的財産権について未規制の某国と同じではないか。
優秀なカーデザイナーは海外で学ぶことも多いと思うが、日本に戻ってきてはいないのか?
学ぶということは、マネや摸倣から入るが、それにとどまらず、そこに自分のオリジナル性が加わっていくから学び、作品を造りだす意味があると僕は思う。この車(デザイン)からはオリジナル性は感じられない。

ということで、プジョー乗りの一人として、日本人の一人として、少し熱くなってしまった。

※あくまでも僕個人の意見で、購入者等を否定するものではありません。

ラベル:プジョー207
posted by Takuya Mitaka at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 思いつき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。