☆★☆洋画DVD売れ筋ランキング☆★☆

カチンコ ぴかぴか(新しい)映画レビュー一覧はこちらぴかぴか(新しい) カチンコ

2007年04月02日

タイトルの意味

そういえば、まだタイトルの意味を説明していなかったのを思い出した。
ムービー「エイモ アーゴ サム」?て何と思われた方もおられると思う。

Amo ergo sum(アモー・エルゴ・スム)はラテン語で、
デカルトの有名な言葉、「我思う、故に我あり」の
Cogito,ergo sum(コギト・エルゴ・スム)
をもじったもの。
意味は「我愛す、故に我あり」。
単にこれに英語のMovieをつけただけ。

まだ僕が中学生の頃、寺沢武一さんの漫画「コブラ」にコギト・エルゴ・スムという言葉がでてきて、妙に魅かれたのを覚えている。ユビキタスもラテン語だが、この言葉の持つ響きが好き。
メル・ギブソン監督の映画「パッション」を観た理由は、実際に発音されるラテン語が聞きたかったから。
この作品、脚本はすべてラテン語、アラム語で書かれている。レビューもいずれ書くつもり。
posted by Takuya Mitaka at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 思いつき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。