☆★☆洋画DVD売れ筋ランキング☆★☆

カチンコ ぴかぴか(新しい)映画レビュー一覧はこちらぴかぴか(新しい) カチンコ

2009年12月14日

ミスト

ミスト、トラウマ級のラストで有名なSFホラーだ。
先日、彼女と鑑賞した。僕は3回ほど観ているが彼女は初。

観終わった後、彼女が言った。
「なあ、最後にでっかいやつ出てきたやん、あれ、何?」

僕は、「ああ、あれな、あのデカさがいいな。象とクラゲが合体してできたようなやつやな。パオーンていう感じで鳴いててたやろ」と答えた。

すると、5秒後に彼女が言った。
「なあ、最後にでっかいやつ出てきたやん、あれ、何?」

どうも僕の答えに不満があったようだ。

「あれだけ巨大なやつを目の当たりにすると、もう全世界が支配されたかに思えるやろ。その演出のためやな。絶望感が増すやん。人間のちっささとか非力さいうやつ思い知る。あのデカイやつがでてこんとあのラストなったらちょっと違うやん」

「ああ、そうか。そうやな!」と彼女。
今度は納得してくれたようだ。

といっても、観たのが初回ならここまで納得させられる答えはたぶんでてこなかったと思う。なぜなら、ラストが強烈すぎだから。
自分が主人公ならどうしたか、どうするかってことを観た人は考えると思うけど、僕ならまずガソリンスタンドに行く。そしてガス欠になる前に丈夫そうな車を見つけて乗り換える、といった行動を取ろうとするだろう。「他にどんなモンスターおんねん!来るならこんかい!」といったやけくそ、開き直り、よく言えば『好奇心』でそうする。

と、書いたけど、その結局はその状況にならないとわからんのですけどね。
posted by Takuya Mitaka at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画関連の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135618014
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。