☆★☆洋画DVD売れ筋ランキング☆★☆

カチンコ ぴかぴか(新しい)映画レビュー一覧はこちらぴかぴか(新しい) カチンコ

2008年07月07日

unknown(アンノウン)

unknown/アンノウン
unknown/アンノウン


■釈然としないラスト■

設定は制作費を抑えることができる「SAW」とよく似ている。
主軸となる登場人物5人は街外れの工場に閉じ込められている。人質、犯人側とも特殊なガスを吸い込んだせいで記憶を失っており、自分は一体何者かわからない。当然、それぞれに混乱と不安を呼び込びこんで疑心暗鬼になり、見る側も先の展開を追いかけたくなる。この点、良かったといえる。

僕の場合は予想したどおりに進んだ。どんでん返しも予想した通り。それでもいい作品だと思った。ラスト3分を見るまでは。
このラストがなければ倒錯状態で芽生える友情や自己犠牲の要素もあり、観て満足できる作品だと思っただろう。しかし結末が本当にいただけない。すべてをブチ壊し。これでは純粋な悪人のほうがむしろピュアじゃないかと思ってしまう。まったく釈然としない作品だ。ジム・カヴィーゼル(オーロラの彼方へでジョン役をしている)もラストがなければ適役だっただけに残念である。
posted by Takuya Mitaka at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) |  Review America | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

理想と現実

早ければ今週末、スクリーンが届く。新しく買ったパイオニアのDVDプレーヤーは既に手元にあるので、スクリーンさえ来ればプロジェクターを使った「ホームシアターもどき」が完成する。
あとは頭に描いている理想図にどれだけ近づけられるかだ。

理想と現実の違い。ざみさんの『すきま情報局』で書かれている「ホームシアターを作りたい!その2」が面白すぎで笑いをこらえるのが大変だった!
posted by Takuya Mitaka at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 思いつき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

政治家の暴言

加藤氏が愚かとしかいいようがない発言をした。まったく馬鹿者である。

高校生のとき、社会の先生が言ったことを今でもよく覚えている。
「政治家はみな肝(きも)がすわっている。どんなバッシングも気にならない度量の持ち主だ」。
確かにそのとおり。逆にそれだけある意味無神経じゃないと政治家なんてやっておれないだろう。


ところで、政治家が暴言を吐くたびに思い出すことがある。
それは、「わざと暴言を吐くこともある」ということだ。

僕が社会人1年生のころ、ある議員先生がバカな発言をした。
『僕はほんまに何を考えてるんやろ、あほやな』と思っていた。
仕事のお客さんとその話題になったとき、こんなことを言った。

「ここだけの話、あれはわざとあんなことを言ったらしい。それで責任を取って辞める(ようにもっていく)。実はあの議員は裏でとんでもないことをやっていて、それが露呈してから辞めたのでは注目度が違うし党にも迷惑がかかる。それを回避するためらしいよ」

この言葉のとおり、数日後、その議員は暴言の責任を取って辞職。そしてその後、本当にその議員にまつわる事件が発覚した。

『世の中、真正面からだけでなく、斜めからも見るようにしないといけないな』。そう思わせてくれる体験だった。



posted by Takuya Mitaka at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 思いつき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

ホームシアターもどき完成

「うーん、こりゃ画面小さいわ」

―ブランデーを飲みながら白い壁面に約90インチで映し出された『氷の微笑』のシャロン・ストーンの大胆な演技、、もとい、名作中の名作「ゴッドファーザー」シリーズを観ながら思ったのが6月初旬。
思ったら即行動するのが僕の信条だ。しかし、ガス給湯器がぶっ壊れて出費があったため、結局、ボーナスまで待つことにした。


■スクリーン

ということで、19日、[高解像スクリーンshop ピーカーブー]で注文した120インチのスクリーン(バックが出窓なので2000円プラスして遮光タイプにしたもの)が、やっと届いた。

さっそく設置。天井吊で所要時間は約1時間。天井の梁(はり)を探すのに苦労した。それで1時間ほどかかったが…。

pj-02-001.jpg

設置完了で下ろした状態。多少うねりがあるが映像を映して観ている分には気にならない。販売店によると次第になくなるとのこと。
ちなみに右のテレビは28インチのブラウン管テレビ。



■フロントスピーカー

スクリーンがでかいので、これまで使っていた小さいスピーカーではサマにならない。トールボーイで何かいいスピーカーはないかと探して選んだのはTANNOY トールボーイ・スピーカーシステム MERCURY F3(マーキュリー F3)

僕はスピーカーはJBL派で、車に取り付けたのもそうだし、ヘッドフォンもそう

じゃあなぜタンノイ?

仕事で知り合った方が真空管を使ったマッキントッシュの1号機を所有されているほどのオーディオマニアで、そこで聞いたタンノイの音が凄く気に入ったから。一言でいうと艶のある、まったりとしたずっと聞いても疲れない音。

アクションものの映画を観るには不向きといえば明らかに不向き。でもプレーヤー側である程度調節できるし、僕はかなりの時間を映画鑑賞にあてているので、疲れない音は非常に魅力があった。

このタンノイは会社の近所のビックカメラで展示品を5.6万円で買った(逸品館で新品がこれより安く売っていて後悔)が、プラス1万円弱で【送料代引手数料無料】Pioneer 5.1chサラウンド・システムHTP-S717《Smart theate...が購入できる。トールボーイで5.1chだし。

でも僕はどうも5.1chに魅力を感じないというか、食指が動かない。それにこれを買ってしまうとホームシアター構築計画はほぼ完成してしまう。完成すると、面白くないのだ。限られた予算のなかで納得できるものをじっくり組み立てていくのが楽しい。

ということで、AVアンプはいずれ購入することにして、代わりに使っているのが10年前から使用しているONKYOのミニコンポ(FR-V5)。これはもう明らかにスピーカーに対して力量不足ではある。が、光デジタルケーブルが使えるし、今はこれでOKだ。


pj-02-002.jpg

スピーカーの外観も気に入っている。でもスピーカーの紹介画像というより飾り物の紹介画像だな、こりゃ。



■DVDプレーヤー


DVDプレーヤーはPioneer DVDプレーヤー HDMI対応 DV-410V-S シルバー

今はいいものが安くなったと実感。
非常に重宝しているのが、音楽CDを聞くのにイコライザーがついていること、そして、セリフの音を聴き取りやすくする機能(ダイアローグ機能)がある点。とくにセンタースピーカーを使わない僕のようなセッティングの場合はこれは本当いに重宝する。大きい音は小さく、小さい音は大きく明瞭に聴こえる「オーディオDRC」を搭載しているのも深夜に観ることも多いのでGOOD!


■設置棚

これを木製ディスプレーラック棚
に設置。天井突っ張りタイプでデザインがいいのが気に入って購入。


pj-02-003.jpg


↓プロジェクター(ベンキューW100(下の白いやつ))がいい感じで収まっている。

pj-02-004.jpg



■肝心の映像は?

実際に映した画像がこれ。↓

pj-02-010.jpg


おっと、これは間違い!せーぎ(せいの技と書く)のみかた(知らずしらず学ばしてくれた)村西とおる監督を映してもしゃあないですな。元ソースが古すぎて画像が悪い。(そういう問題とちゃう!)

・イノセンスの冒頭↓

pj-02-011.jpg


画像、いいか悪いかわかりにくくてすみません。
実際は、90インチでは気にならなかった荒さが目立ちます。なんせベンキューの廉価プロジェクターなので、HDMIケーブルを使用してもプロジェクター側でDVI接続となり、プレーヤーの本領が発揮できない(本来HDMIケーブルで接続すれば、DVDの標準画質を1080pまでアップスケーリングさせることができるが、それができず480pのまま)。でも現時点では及第点です。

で、音は、めちゃいいです。これは良すぎるので別に記事書きます。


■周辺機器?
ここで気になったのが、リモコンの多さ。

pj-02-005.jpg


プロジェクター、DVDプレーヤー、CD・MDデッキ、それとテレビ、DVD・ビデオデッキのリモコンたち。

こりゃ多すぎるなということで、4台まで対応のソニーの学習リモコンを購入。
それでこうなった。

pj-02-006.jpg


(買ったやつよりこれ→
を買えばよかったとちょいと後悔。そうすれば1台でまかなえた)。


ということで、安いけどそれなりのDVDプレーヤーに、廉価プロジェクター、古いミニコンポにまさかのタンノイスピーカーを使ったホームシアター『もどき』が一先ず組みあがりました!

※大画面のよさは今回、お伝えできていないと思います。ま、こんな感じの紹介ということで。







posted by Takuya Mitaka at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | プロジェクターの勧め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。