☆★☆洋画DVD売れ筋ランキング☆★☆

カチンコ ぴかぴか(新しい)映画レビュー一覧はこちらぴかぴか(新しい) カチンコ

2011年10月17日

2700右肘左肘交互に見て動画風gif画像

mixiを十分堪能したのと、まあまあおもしろい映画も出てきたので、ちょっとずつこちら戻ります♪

最近、gif画像にはまってます。ま、前から好きでして。
↓これ見たときは感動しましたね。

door.gif

↓おもしろいのも好き。

thumb_ugkk3orjpz2jaubv13m94hof.gif

↓これなんてプロです。素人ではとてもできません。(元は動画かな?)

katatsumuri.gif



さて、僕のような素人でも簡単にできるのは、画像用意して文字入力するのですね。
↓元の画像は拾い物です。

himitsu.gif

↓あと、自分でキャプチャーして作ったシュール系。

onigashima02.gif


↓左右反転した画像2枚だけでも、素材がよければ笑えます!

samba.gif

banana.gif


↓そして、動画をGOM PLAYERとかで連続キャプチャーして作成。
2700のネタ、「♪右ひじ左ひじ交互に見て」。気に入ってるので作りました。

migihizihidarihizi.gif

gifはカクカク感とスピード感がいいなと思います。

※問題等ありましたら削除しますので、お手数ですが、ご連絡をお願い致します。
posted by Takuya Mitaka at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思いつき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

3Dポルノ

映画館でみんながメガネかけてポルノ観てるの想像したら、凄くおもしろい!

posted by Takuya Mitaka at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 思いつき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

好きな言葉

未来を予知しようとすることは、
夜中に田舎道をライトもつけずに走りながら、
後ろの窓から外を見るようなものである。
一番確実な未来予知の方法は、
未来自体を作り出してしまうことである。
byピータードラッカー
posted by Takuya Mitaka at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 思いつき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

Erykah Badu (エリカ・バドゥ)横浜ライブ(続き)

Erykah02.jpg


さっきはライブ感に酔った状態で、完全に主観で書いちゃいました。
Erykah Baduファンの方のために、最前列から見てわかったことなどお伝えします(すこぶる男目線)。

あ、全体の雰囲気とかは、PELOxxxさんの「KIKI's Chillin' Note」を見てもらうのが一番と思います。


さて、盛り上がってきたErykahさん、途中で服脱いで、穴空けまくった白いTシャツ姿になりました。
で、新譜PVで全裸を披露したくらいなので、僕はノーブラちゃうかと多いに期待して観察しましたけど、きっちりブラされてました(当たり前か!)。
そのブラはですね、けっしてHな目で見てないのを踏まえていただいて、ブラひもは白でしたけど、ブラひも以外は光沢のある渋いグレーでした。

というのは、僕、舞台向かって左側のキーボードの兄さんの前にいたんですけど、本編終わってまさにはける直前、なんとブラ見せるように、Tシャツまくりあげたんですよ。僕しっかりチェックしてました。
コーラスのお姉さんもそれ見て笑ってました。
もうこれだけでもとんでもなくうれしい!

アンコールを受けて出てきたErykahさん、素足でした。
それまではかなり高い(10センチ)くらいのハイヒールはいてました。足のサイズは23.5ぐらいかな、ちっちゃい可愛い足。
手もちっちゃくてかわいかったです。

アンコール中のファンサービスでは、小さなお子さんが描いたErykahさんの似顔絵の色紙を受け取り、すごくうれしそうにして、終わるまでずっとマックのディスプレーの上に飾ってました。

確か3人、新譜CDのジャケット差し出したら、サインしてあげてました。

あと、B6サイズぐらいの白いキャンバス受け取って、「Japanese」といいながら絵を描いてました。それは女の子の絵で、ちょっと目がつり気味で可愛い女の子でした。スカーフっぽいのも書かれてて、その装飾はすごく凝った感じでかっこよかったです。

それと、ファンの携帯取り上げて、そのファンの人を撮影してたと思います(ちゃんと見えなかったので自分を撮ったのかも)。

自分が飲んだミネラルウォーターのペットボトルも差し出してあげてました(僕の隣のとなりの人が受け取ってました。もうちょっとやったのに、残念!)。

また、ゲストとしてデカイおっちゃん招きましたけど、そのとき、ブルースか何か歌ってよって言ってました。
そしたらその人、口笛でちゃかしただけだったんで、Erykahさん、制止して、それはいいからほんとに歌ってって、再度お願いしてました。
そしたらおっちゃん、歌わねーと首横に振ったら、Erykahさん、ちょっとだけムッとしてました。でも怒った顔も凄く可愛いかったです。
その後、「唾もらっただけね」と、ファンから受け取ってマイクに巻きつけていたストールでマイク拭いてましたね。

自分の汗を拭いたタオル3枚客席に投げはりましたけど、最後の1枚、ファンが取り合いになったのでしょう、それをすごく心配そうに見てました。これだけで彼女の人柄の良さがよくわかります。


ライブ行って、ほんとに良かったです。

心だけじゃなく、魂も揺さぶられるその歌声。

そして、芯のしっかりした、かつ、人を思いやることのできる人柄を目の当たりにすることができました。

ありがとうErykah Badu!絶対また来日してね!黒ハート

posted by Takuya Mitaka at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 思いつき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Erykah Badu (エリカ・バドゥ)横浜ライブ

Erykah Badu.jpg


17日、Erykah Badu (エリカ・バドゥ)横浜ライブ行ってきました。

VIPチケット買って、早めに入って一番前に陣取りました。たった5、6m先であのErykah Baduを見れるなんて夢のようでした。しかも、ファンサービスも凄くてタッチしてきてくれました。うれしすぎです。

音楽、もちろん良すぎます。もう感動です。かっこいいし、うますぎ。歌ってるというより、体を使って魂を奏でてる感じ。


一番心に残っているのは、最初の方で、マイクスタンド持ってセクシーポーズとってる約3秒、ずっと僕の方みてくれてました。目と目合ってました。

僕の勘違い? いまだ興奮冷めやらぬ一生の思い出なんで、勘違いさせてください。

(情報なさすぎなので、続きを書きました)。
posted by Takuya Mitaka at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 思いつき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

お勧めのサスペンス映画



先日、珍しくというか、初めてmixiで映画のことを日記で載せた。
せっかくだからこっちに文章はほぼそのまま(リンク付けて)で転載しておく。

これにユージュアル・サスペクツを加えたら、ヒッチコックとか一昔前の作品を除いて一度は『観ておきたいサスペンス映画』として大いに参考になると思う。自画自賛。

(なぜサスペンス映画なのかは、以前書いた「危険と隣り合わせの感覚は恋愛感情に似ている?!」をどうぞ)

マイミクは全員会ったことのある知り合い(20代)なので、そのつもりで読んで下さい。

***********

★はグロさレベルだぞ。


●『セルラー』(☆☆☆☆☆)
 ヒロインが突如乱入してきた男たちに拉致、監禁されるねん。携帯電話使って外部と連絡とろうとして…。
 キム・ベイシンガーて女優さんがもうええ年やのになかなか綺麗ですわ。グロいの苦手ならこれまずお勧め。


●『CUBE』(キューブ)(★★★★★)
 カナダ映画。6人が突然不思議な立方体空間に閉じ込められる。閉鎖空間の中での人間描写がよろしいわ。この後にキューブ・ゼロをみたらわかりやすい。


●『ミザリー(特別編) 』(★★★☆☆)
 これは恐いで。男の作家とそのファンの女の人2人が繰り広げる密室サスペンス。CUBEはSFじゃないけど、まあありえへんわ。ミザリーは実際に起きそうな感じ。原作はホラー・サスペンスの神様スティーン・キングやど。


●『バタフライ・エフェクト』(★☆☆☆☆)
 時々記憶が欠落する少年がすげー力持ってる。どんでん返しが繰り返されてハラハラどきどきや。おもしろいよ。


●『危険な情事』(☆☆☆☆☆)
 いや〜思い出す。大学生の頃、当時付き合ってた彼女から「あんた、浮気したらこんな目に遭うんやで」ってすごまれたのを。過激女性ストーカーの話やな。激しいセックスシーンが話題になりましたわ。


●『ケープ・フィアー』(★★☆☆☆)
 これは男のストーカー。犯罪者が裁判に負けたのを弁護士のせいと思い込んで、弁護士一家につきまとう。おっとろしい執念持った男をロバート・デ・ニーロが見事に演じてる。けっこう恐いよ。


●『羊たちの沈黙』(★★★★☆)
 連続猟奇殺人事件を追う女性FBI訓練生に精神病院に閉じ込められてる元精神科医がアドバイスする。これはサスペンス好きなら必見の作品やで。


●『SAW(ソウ)、ソウ2ソウ3』(★★★★★)
 男2人が猟奇殺人鬼に密室に閉じ込められる。今SAW6まであるけど、1作目が面白かったからそこまでシリーズ化したんやろな。だからとくに1作目お勧め。観たあと「お前かい!」って絶対つっ込む。



●『セブン』(★★★★★)
ブラット・ピット主演の猟奇殺人鬼と刑事の攻防。キリスト教の7つの大罪(調べたど→大食、強欲、怠惰、肉欲、高慢、嫉妬、憤怒)をモチーフしてる。最後は確実にげんなりする。ブルーになりたくないなら観ないほうがいい。でもこの作品で猟奇サスペンスにはまった人多いと思う。


●『氷の微笑』(★☆☆☆☆)
エロティック・サスペンスやな。ミニスカ・ノーパンで足組み替えるシャロン・ストーンの演技が話題になりましたわ。刑事が美人殺人容疑者に翻弄(ほんろう)される。続編はいまいちやけど、この1作目は面白い。


●『テイキング・ライブス ディレクターズカット 特別版』(★☆☆☆☆)
これも猟奇殺人。アンジェリナージョリーのベッドシーンがある。どんでん返し系でまあまあ面白い。画像はこの作品。


●『ボーン・コレクター』(★★★★☆)
全身麻痺の元刑事がベッドから指示を出して猟奇殺人鬼を追う。犯人との頭脳戦が見ものや。これもアンジェリナージョリーが出てる。


●『オールド・ボーイ』(★★★★☆)
 カンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリを受賞した韓国映画。ある日突然誘拐され、15年間監禁された男が、自分が監禁された理由を探る。これ、めちゃブルーなる。グロいシーンあるし、人間のいろんなエゲツない部分描いとるから。あんまり観んほうがいいかも。(と言われると観たくなるやろ!)


書きはじめたらとまらんようになったわ。
前にブログで書いたやつからだいぶ増えた。

まあ参考にしてくれたらうれしい。

2010年02月08日

○○だけダイエットはもうええです。

お笑いのいとうあさこさんのネタ。

「食べないけど、太る!」

はい、おっしゃるとおりです。
僕も彼女と同じ1970年生まれですからね、よくわかります。
23歳、東京で一人暮らしをしてるときは社会人1年生でお金もないし、平日の昼はもっぱらシェーキーズの食べ放題に通いつめてました。もうおなか一杯ほぼ毎日ピザ食べましたわ。ありがとう、シェーキーズさん! でも、まったく太らなかったです。今あんなにピザ食べたら、確実に1か月で5キロは太りますよ。ほんまに。セーブしてセーブしてやっと現状維持。キツイきつい!

ところで、○○だけダイエット、これはも聞き飽きた!見飽きた!ですよ。

バナナだけダイエット(すでに懐かしい感じがします)
計るだけダイエット(ためしてガッテンでやってました)
読むだけダイエット
巻くだけダイエット
飲み物だけダイエット
描くだけダイエット
捨てるだけダイエット


「だけダイエット」で検索してこれだけでてきますね。

もうね、こうなったら僕も本書こうかと思います。

題して、

「『食べない』だけダイエット〜効果100%!食費を浮かせて貯金もできる!」

■こんな方にお勧め
・これまでいろんなダイエットをしたけど効果がいまいちだった
・少し効果はあったけど、お金がかかった
・運動が必要なのは分かっているけど、体を動かすのはすきじゃない


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

そんなあなたに朗報!食べないだけなので超簡単!しかも、お金は一切かかりません!むしろ、食費が浮くから貯金に趣味に… 夢いっぱいのダイエットです!


ま、食べたいってのは健康な証拠ですから、食べたい、でもやせたい、でも食べたい。これは有史以来、飢餓状態と闘ってきたDNAに刻まれたもんんですから、ええことでしょう、ね。



posted by Takuya Mitaka at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 思いつき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

下手なホラー映画より気持ち悪い動画と…



↑これ見ると、スターウォーズに登場するロボットの完成間近と思ってしまう。




↑これ見ると、人間ていいなって思う。とくにスローモーションのところは面白すぎ!。
posted by Takuya Mitaka at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとした笑い系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

ミスト

ミスト、トラウマ級のラストで有名なSFホラーだ。
先日、彼女と鑑賞した。僕は3回ほど観ているが彼女は初。

観終わった後、彼女が言った。
「なあ、最後にでっかいやつ出てきたやん、あれ、何?」

僕は、「ああ、あれな、あのデカさがいいな。象とクラゲが合体してできたようなやつやな。パオーンていう感じで鳴いててたやろ」と答えた。

すると、5秒後に彼女が言った。
「なあ、最後にでっかいやつ出てきたやん、あれ、何?」

どうも僕の答えに不満があったようだ。

「あれだけ巨大なやつを目の当たりにすると、もう全世界が支配されたかに思えるやろ。その演出のためやな。絶望感が増すやん。人間のちっささとか非力さいうやつ思い知る。あのデカイやつがでてこんとあのラストなったらちょっと違うやん」

「ああ、そうか。そうやな!」と彼女。
今度は納得してくれたようだ。

といっても、観たのが初回ならここまで納得させられる答えはたぶんでてこなかったと思う。なぜなら、ラストが強烈すぎだから。
自分が主人公ならどうしたか、どうするかってことを観た人は考えると思うけど、僕ならまずガソリンスタンドに行く。そしてガス欠になる前に丈夫そうな車を見つけて乗り換える、といった行動を取ろうとするだろう。「他にどんなモンスターおんねん!来るならこんかい!」といったやけくそ、開き直り、よく言えば『好奇心』でそうする。

と、書いたけど、その結局はその状況にならないとわからんのですけどね。
posted by Takuya Mitaka at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画関連の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

映画化してほしい逆向き公転の惑星

世界初、「恒星」の自転と逆向きに公転する「惑星」を発見
っていうニュースが先月ありました。
↓↓

**********
 中心の恒星が自転する向きと逆方向に公転している惑星が、世界で初めてみつかった。国立天文台やマサチューセッツ工科大学などのグループが4日、発表した。国立天文台のすばる望遠鏡による観測成果で、惑星系の進化を考えるうえで重要な手がかりになるという。

20091105-784151-1-L_convert_20091106103015[1].jpg

 発見された逆行惑星は、はくちょう座の方向に地球から約1000光年離れた恒星の周囲を回っている「HAT-P-7b」。恒星の前を横切る惑星の動きを詳細に観測して逆行がわかった。この惑星は木星の1・8倍もの重さがあり、恒星のごく近くをわずか2・2日で1周していた。
 惑星は、円盤状に分布したちりやガスが中心の恒星と一緒に回転しながら誕生したと考えられている。したがって、惑星は恒星の自転と同方向に周回するのが標準的とされており、太陽と太陽系の8惑星の関係もそうなっている。
 しかし、惑星系が進化する過程では、巨大な惑星同士が互いにはじき合うことなどにより、逆行惑星が誕生することもあるはずだとみられていた。このため、世界中で逆行惑星を探していた。
 国立天文台の成田憲保・日本学術振興会特別研究員は「惑星進化の仮説を裏付けるためにも、逆行惑星の誕生に影響したと考えられる巨大惑星などをみつけたい」と話している。
**********

この話、会社で先輩から聞いたんですけど、すぐ思ったのが、この星はひょっとして時間が逆向きに流れてるんじゃないか?ってこと。まあ想像のお遊びですけどね。

でも例えば遠い未来、この星に行けば時間が戻って若返ることができるなんて設定で映画が作れそうじゃないですか。強烈な副作用があったとかでサスペンスものにするとか、若返りツアー会社の商業主義の行き過ぎに警鐘ならすものとか、限りあるからこそ命が……とか、いくらでもストーリーできますよ。

posted by Takuya Mitaka at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画関連の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。